鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)には、休養、心理療法(高度な専門知識、経験を持つ専門家でも、確実に症状を改善できるとは限りません)、薬物療法などが主におこなわれているみたいです。そのなかでも薬物療法の占める割合は大きく、他の療法と併用して行われる事も少なくないのです。うつ病で処方される薬物もいろいろなものがあるものですが、開発された順に大きく分けると、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRIの4種類があります。三環系抗うつ薬は、少し前まで鬱病(以前は怠け病なんていわれていましたが、近年では一般的にも知られるようになってきました)に使用される薬の主流でしたが、口渇、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)、排尿障害といった副作用が強いうえ、効果が現れるまで2〜4週間もかかると言うものでした。四環系抗うつ薬は、三環系抗うつ薬に比べたら副作用が少ないため、体への負担は少ないものの、うつ病への効果はいくぶん弱いのが特徴です。副作用が少なく、かつ病気への効果があったものということで、開発されたのが選択的セロトニン再取り込み阻害薬、SNRIです。選択的セロトニン再取り込み阻害薬は、神経伝達物質であるセロトニン(神経伝達物質の一つです)の再取りいれてを抑制することで鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を改善させる作用があるようです。主として不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)や落ち込みといった症状が強い患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)に処方されます。SNRIはセロトニンとノルアドレナリンに作用することでうつ病を改善させる作用があって、意欲低下が強い患者に処方されるでしょう。SSRIやSNRIも副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)が全然ない訳ではなく、四環系抗うつ薬と比べると症状というのは軽いですが、頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)や吐き気などの副作用(効果が強けれね強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)が出ることもあるでしょう。それに、うつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)の薬は、長期間服用を続けたら依存症になってしまい、やめることが難しくなってしまいます。また、長期服用することで効果が薄くなったりすることもあるので、薬だけに頼るのではなくて、他の治療法なども取り入れることをオススメします。服用を急にやめると、離脱症状が現れるので、勝手に服用を中止しないようにするのですー